受験 浪人生向け

【必見】宅浪完全攻略~宅浪とは~

2020年3月11日

  1. HOME >
  2. 受験 >

【必見】宅浪完全攻略~宅浪とは~

2020年3月11日

どうもこんにちは!ゆーくんです。

浪人するときに予備校に通うか宅浪するかで大きく分かれます。

予備校編へはこちら↓

浪人で失敗しないために~予備校編~[受験リベンジ]

今日は宅浪についてお話していきたいと思います。

おそらくほとんどの人が宅浪について良いイメージを持っていないでしょう(笑)

宅浪は難しいとか失敗するといった噂を聞いたり、検索しても地獄だとかたくさん出てきますよね。

真実を言うと、ほとんどの宅浪生は第一志望には受かりません。おそらく8~9割は落ちるでしょう。

しかし、成功している人も多く、実際に僕も阪市大落ち→宅浪→理系阪大と成功しています。

もしあなたが宅浪するか迷ってる、宅浪中だけどすでに挫折しそうという人に向けて、僕の経験から少しでもお役に立てたらなと思います。

何故失敗するのか(デメリット)

では何故宅浪は失敗しやすいのかについてお話しようと思います。

世間一般では意思が強い人じゃないと宅浪はできないとか、スケジュール管理がといったことがよく言われています。

正直に言います。必要ありません

驚かれるかもしれません。確かに、あるにこしたことはありません、しかし、なくても対策を打つことができます

宅浪成功のコツをまとめているので、もしよかったら参考にしてください ↓

では初めに僕が感じた宅浪のデメリットについてみていきましょう。

情報が回ってこない

まず初めに宅浪生が困るのが予備校生との情報の差でしょう。

センター試験、奨学金の申し込みから、大学の入試情報とまで予備校ではすぐに情報が回ります。

しかし宅浪生はすべて自分で申し込みなどをしなければいけません。

センター試験の申し込みを忘れててもう一年なんて笑えません。。

情報は回ってこないと理解した上で、申し込みなどはメモをして目に見えるところに貼っておきましょう。

勉強へのモチベーション

受験を終わってから振り返ると一瞬なのですが、自由な時間が多いため、受験中はものすごく長く感じます。

その中でだれて一日中携帯触って終わってしまっていたなんてざらにあります(笑)

僕は一週間漫画しか読まないなんて時もありました、、、

自分を勉強させる環境づくりがとても重要です。

添削指導を受けれない

浪人して第一志望を目指している方は、難関大学に受験される人が多いと思います。

そこで壁になるのが、添削指導です。難関大学の本試験には必ず英作文があります

宅浪生は基本的に一人で勉強するので、作った作文が自分で正しいのか判断できないです。

たまにですが、母校の英語の先生が添削してくれたりする場合もあるので、一度聞いてみましょう。

プレッシャーとの闘い

浪人生は一度落ちた絶望を知っています。

受験勉強中はまた落ちたらどうしようという自分からのプレッシャーが常にあります。

また、親や友達からの期待といった周りからのプレッシャーを感じることもあります。

宅浪生はこの重圧と一人で立ち向かはなければなりません。

抱え込みすぎず、たまには発散させましょう!(※遊びすぎ注意

以上が僕が感じた宅浪のデメリットです。中々ハードに思えますよね。

何も対策せずに宅浪を成功させることは本当に難しいです

今この記事を見た段階から対策を考えることが宅浪成功への近道にきっとなるでしょう。

成功するために(メリット)

宅浪のデメリットは良く耳にすることがあります。

しかしデメリットだけではありません。メリットもたくさんあります

これをどのように扱うかで宅浪成功に大きく影響します。

ではメリットを見ていきましょう。

拘束時間がほとんどない

自由な時間が他の受験者より圧倒的に多いです。

これは他の受験者にはない大きなメリットであり、苦手科目や特定の教科に集中しやすいです。

また、予備校に通ってる人の通学時間も勉強にかけることができます。机に向かって勉強するほうが圧倒的に質のいい勉強ができます。

勉強とたくさん向き合えますね(笑)

人間関係で悩まない

予備校に通うと、勉強に集中できると思うと思いますが、人間関係に悩むと聞きます。

昼ごはんは誰と食べる、勉強したくても話が盛り上がっていて抜けにくい、予備校内で合コンしようとかなったりすることもあるらしいです。

自習室があり勉強の環境が整っている予備校ですが、人が集まる分勉強に集中できないときもあります。

しかし、宅浪の人にはその心配はありません。

他人を気にしなくてよい

人間関係で悩まないと似ていますが、験期は他人や自分の成績に敏感になります。

ですが、他人がいない宅浪では比較することもされることもほとんどありません。

強いて言うならば、模試の成績で同じ大学を志望校に入れた人くらいです。

しかし、その人達はライバルなので、しっかり意識していきましょう!

以上が僕が感じた宅浪のメリットです。

精神的なことが多いですが浪人期は精神面の安定がとても大事です。

そして宅浪には勉強に集中する環境が揃っていることがわかっていただけたと思います。

宅浪のまとめ

宅浪のメリット、デメリットについてお話ししました。

今宅浪をしようと悩んでいる方は上記を踏まえてよく検討してみてください。

僕はスケジュール管理も得意ではないですし、意思も強い訳ではありません。

しかし、成功できたのには宅浪の長所と短所を踏まえたうえで、勉強をする環境作りをしたからだと思います。

もしよろしければそのコツも書いているので参考にしてください!

宅浪を成功させて最高のキャンパスライフを送りましょう!

-受験, 浪人生向け

Copyright© invictus blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.