勉強法 受験

ハイレベルな物理の勉強法~大学受験で物理を得点源に~

2020年4月16日

  1. HOME >
  2. 受験 >
  3. 勉強法 >

ハイレベルな物理の勉強法~大学受験で物理を得点源に~

2020年4月16日

どうもtikoです!

前回、物理の勉強法についてゆー君が記事を書いてくれました!

受験物理の参考書について
【最新版】受験物理の参考書は4冊で完結。初心者から合格への最短経路を教えます。

どうもこんにちは!ゆーくんです。 受験生の皆さんは、こういった経験ありませんか? 受験生あるある 本屋で参考書がたくさんあり、迷う。 ネットで調べるとおすすめ○○選!とかばかりで迷う。 僕は受験時代こ ...

続きを見る

理系で大学受験に受かるための物理は上記の勉強法で十分です!

今回は、さらに物理を深く学びたい人や、難関大レベルの物理でも得点源にしたいという方におすすめする勉強法を発信していきたいと思います!

僕自身、センター物理満点、阪大2次物理 113/125点(90.4%)とれるくらいに飛躍しました(笑)

結論このステップで解くのが、ハイレベルへの道です。

step
1
問題設定のグラフを意識

step
2
求める部分はどのグラフの何かを理解

step
3
その部分を、微積を使わずに計算!

それでは詳しく紹介していきましょう。

Let's Go!!

こんな方におすすめ

  • 物理を得点源にしたい!
  • 物理を深く学びたい!
  • 物理を大学でも専攻して学ぶ予定だ!

 

※この記事を書いている僕は、受験生の時、センター物理満点、大阪大学2次物理113/125(90.4%)とりました。

物理で大学に入ったようなものです(笑)。

大学受験の物理に微分、積分は必要?

ある一定以上の学力が付くと、気になってくるのが「微積を使うか、否か」という疑問が生まれてくると思います。

もちろん、大学生になれば微積を使うのは当たり前で、むしろ使えなかったら話になりません。

しかし、高校物理の範囲では、微積を扱うことなく物理を勉強します。(実は結構無理があるし、高校物理が暗記科目ぽくなってしまう部分もある)

では、ハイレベルな高校物理を目指すならどうすればいいか、その答えは

微積を理解して、問題を解くのには使わない!がベストです!!

知っているが使わないで解くのがベスト

微分、積分の概念を知っていると大きな武器となります。

しかし、大半の中途半端な理解の高校生はそれを問題を解くときに使って失敗してしまうことが多々あります。

忘れてはいけないのが高校物理では、微積を扱わないものとしているので、問題も微積を使わなくても解けるようになっているということです。

微積を理解しながら、使わずに問題を解けばいいんです!!


簡単な例をあげましょう。

速度を微分したら加速度が分かります。これが微積的な理解です。

では高校物理的な理解は、横軸t(時間軸)、縦軸v(速度軸)としたグラフを書いたときの傾きが加速度となります。

このv-tグラフが1次関数なら、微分を使わなくても加速度をもとめられます!

積分の簡単な例も挙げましょう。

力学で仕事を求めるとき、積分を使えば∫Fdxで求められます。

これも、F-xグラフを書いて、上記の積分が意味する範囲の面積を求めればいいということです。

高校物理の範囲ならば、この面積は積分を使わずに求められます!

 

微分、積分はグラフの理解に役立つツールとして使え

微分、積分で考えて、使わないといったスタイルは物理の理解を深めながら問題を解くことができます!

そして、今の例をみて気づいた人もいると思いますが、もう一つ大事なポイントがあります!

それはグラフを意識することです!

微積を無理に使って失敗する人の多くが、何となく微積を使ってそれが何を意味するのか分かっていないのが原因です。

グラフをイメージさえできれば、微積がどこに対応しているかがわかるはずです。

そしてこの微積とグラフの対応を理解できれば、おのずと「加速度は何か」「仕事は何か」などがとても理解しやすくなります!

ハイレベルな物理を目指すなら、微積とグラフの対応を意識した勉強をしてみてください!

だけど、

さる
微積の本とか大学レベルの本しかないやん、ちょうどいいのないの?

と思っているあなたへおすすめしたい参考書があります!

僕自身、受験時代の物理の参考書はこの1冊を何度も何度も読み返した物理バイブルのような本です!

その本は「新・物理入門」です!

新・物理入門

この本は、山本義隆先生が書かれた、高校物理を微分、積分の概念を紹介しながら解説していく参考書です。

【最新版】受験物理の参考書は4冊で完結。初心者から合格への最短経路を教えます。で紹介されている本と比べてかなりレベルの高い本となっています。

しかし、物理が好きな方、物理を得点源ししたいといった方にはとてもおすすめの本となっています!

僕自身、この参考書のおかげで、物理のおもしろさ、物理の奥深さ、が分かり上述したように物理の成績が飛躍的に伸びました。

物理を極めたいといった方、必読の一冊です!

物理を得点源にしよう!

浪人予備校比較まとめの写真

物理の成績を飛躍的に伸ばすには2つです!

ポイント

・微積の理解はアリ!だけど問題を解くのには使うな!

・グラフをイメージしろ!

この2つを意識して、物理の成績を飛躍的に伸ばしてください!

-勉強法, 受験

Copyright© invictus blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.