勉強法 受験

[必見]語源を駆使した英単語の覚え方!~阪大生おすすめ勉強術~

2020年3月27日

  1. HOME >
  2. 受験 >
  3. 勉強法 >

[必見]語源を駆使した英単語の覚え方!~阪大生おすすめ勉強術~

2020年3月27日

どうもtikoです。

今回は英語を学習するうえでもっとも重要ともいえる英単語の覚え方についてです!

こんな方におすすめ

  • 英単語を効率的に勉強したい!
  • 英単語の丸暗記はいやだ!
  • そもそも暗記が苦手だ!

そんな悩みを解決するのは語源で覚える英単語学習法です!

Let's Go!!!

語源とは

英単語だけでなく、日本語、その他の言語にも語源があります。

この語源を理解できれば、単語を覚えやすくする効果にプラスして知らない単語に出くわしたときに意味の推測が

できるようになるんです。

日本語の語源はだれでも扱える!

例えば「推定」という日本語ならばどうでしょう。

推は「推理」や「推薦」といった語からなにか予想したり、前に押し出すイメージができると思います。

定は「固定」、「決定」からなにかを定めるイメージであるとこれもイメージできますよね?

その二つの意味から「推定」の意味は「予想して決定する」ような意味だなと日本語なら簡単にできると思います!

これと同じことを英語でもできるようにしたらいいんです!

英語ならば?

例えば"attract"という単語を覚えるとします。

at/方向を示します

tract/引っ張る

だから、"attract"=(注意、興味を)引く、魅了する 

となります。

さらに語源"tract”の単語は他にも

"extract" = "ex"(外に) + "tract" = 引き出す

"contract" = "con"(一緒に) + "tract" = 一緒に引っ張っていく、ともに引き合う ⇒ 契約する  

と他にもありますがこのくらいにします。

一つの単語の語源からどんどんボキャブラリーを広げられます!

passive vocabulary と active vocabulary

英単語には覚えるうえでpassive vocabulary と active vocabulary の二つの種類があります。

passive vocabulary は読めるし、意味は分かるけど使うのは難しい単語です。

日本語の例でいうと「薔薇」、「鬱」という字をみて「ばら」、「うつ」と読むのはできるけど

書けない…という人が大半だと思います。

そういう単語がpassive vocaburaly です!

英単語でも、英作文でこういう単語を使おうなんて思ったらだめです!必ず失敗します!

ですから、読んでいて意味は分かるといったレベルで十分といったことを意識して勉強していきましょう!

active vocabulary は自分で会話でも、英作文でも使う単語のことです。

これは英作文でも使えるように、その単語の用法までマスターするようにしましょう!

でもどうしたらactive と possive を見分けられるのか?

自分で見分けるのはなかなか大変ですし、誰かにいちいち質問しに行くのも効率がいいとは言えません。

下記の単語帳ならば、記載されている単語すべてにactiveかpossiveかが書かれています!

出てくる単語も超頻出単語なので、買うことおすすめします!

記憶のグループ化

語源で覚えることにはもう一つのメリットがあります。

英単語をグループ化して覚えられることです!

記憶はある程度グルーピングされるとそれぞれ関連しあって覚えやすくなるんです。

そのグルーピングを語源ごとのグループに分けて自然とできるので英単語がどんどん頭に入っていきます!

何度もアウトプットするから暗記できる

語源で覚えると、新しい単語を覚えるたびにいままでに同じ語源で覚えた単語を思い出すことができます。

人間は2週間に3回以上のアウトプットすると長期記憶になり強くインプットされます。

つまり、似た語源が出るたびにその語源のグループの英単語を見返すようにすれば、どんどんボキャブラリーが増えていきます!

暗記術については【受験暗記術】想起学習でもう忘れない!科学的な勉強法を紹介を参考にしてください。

ちゃぶ台
じゃあ具体的にどうやって勉強したらいいん?

語源を使った勉強法 

語源を1から覚える。そんな必要はありません!

あくまで単語を覚えていく過程で語源を使っていきましょう!

いま自分がつかっている単語帳で単語を覚えるときに、その語源を語源辞典やインターネットで調べながら覚えるんです!

ちゃぶ台
でもいちいち単語帳開いて、辞書開いてめんどいわ

そんな人には単語帳に語源が記載されているのを活用しましょう!

それではおすすめ英単語帳を発表します!

おすすめ英単語帳3選

必携英単語LEAP [ 竹岡広信 ]

先ほどにも述べましたが、passive vocabulary と active vocabularyの記載が全単語にされているので勉強がしやすいです。

この英単語のコンセプトが丸暗記からの脱却なので、語源はもちろん語呂合わせで覚えたり様々な工夫がされています!

ドラゴン・イングリッシュ 必修英単語 1000

英単語の語源が詳しく書かれていてこちらもおすすめです。

ただし、 passive vocabulary と active vocabulary の記載はありません。

1000語と少なく感じるかもしれませんが、この1000語の語源までマスターできれば、ほとんどの単語の推測が

できるようになります!

僕自身、受験生の時に使っていたおすすめ英単語帳です!

改訂版 鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁 [ 鉄緑会英語科 ]

英単語のボリュームがかなりあります。

中学基礎レベルくらいの簡単な英単語はとっていないので中上級者向けです!

ほかの英単語帳とは違い、何週もするのではなく最初から最後まで1週読んでから、索引を最大引用して英語を勉強するといったコンセプトです!

上の2つの単語帳で物足りないといった人におすすめです!

まとめ

英単語を覚えるうえで語源を活用するのはとても効率がいい勉強法です。

受験英語でも、TOEICでも、何でも使える英単語学習法、ぜひ試してみてください!

-勉強法, 受験

Copyright© invictus blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.