その他

急な入院(手術)で不安な人が見る記事~持ち物編~

2020年3月7日

  1. HOME >
  2. その他 >

急な入院(手術)で不安な人が見る記事~持ち物編~

2020年3月7日

みなさんこんにちは。突然ですが、初めての手術や入院ってめちゃくちゃ不安ですよね。僕も一年前に手術と入院を経験しましたがとても不安で怖かったのを覚えています。これから入院でどういう準備をしたらいいのか困っている人のために実体験をもとにアドバイス的なものを書かせていただきました。少しでも参考になれば幸いです。(これは持ち物編です)

 

僕の入院

最初に僕の入院について軽く説明しておこうと思います。

約一年前、僕は三週間の入院生活を強いられることとなりました。理由は部活動中に半月板を損傷し手術が必要になったからです。手術の前日に入院が始まり、術後三週間(入院中)は車いすでの移動が続きました。その後松葉づえでの歩行が可能になったところでめでたく退院となりました。

入院の際に持っていくべきもの

ここでは僕の経験から入院する際に持って行ったほうが良い物を伝えていきたいと思います。(基本的な持ち物は病院のほうから説明があると思うのであくまで便利グッズという感覚で見てください)

おすすめ①ポケットwifi

これは必需品といっても過言ではありません。暇すぎる入院生活で最初にする暇つぶしはアニメやドラマの一気見です。みなさんも知っての通り、動画を視聴すると通信使用量はどんどん増えていき、すぐに通信制限になってしまいます。それを解決してくれるのがポケットwifiです。現在はネットで一か月レンタルなどのサービスがあるので入院することが決まったらとりあえずポケットwifiを注文することをお勧めします。

おすすめ②クロックス

入院中は基本ベッドの上で生活するため立ち上がるたびに靴を履かなければならずとても面倒です。そんな面倒を解決してくれるのがクロックスです。病院ではサンダルやスリッパは危険だという理由で禁止であることが多いそうです。しかし、クロックスはかかとがあるため大丈夫なので必ずクロックスは持っていきましょう。移動のストレスが段違いとなるはずです。

おすすめ③ふりかけなどのご飯のおとも

病院食は基本的に味が薄くどこか物足りなく感じることが多々ありました。そんな不満を解消してくれるのがふりかけです。これを持ってくることで最高の食事になること間違いなしです。また、同じ部屋の人にふりかけを上げたり、交換したりすることで仲良くなるきっかけにもなるため友達作りにおいても役に立つこと間違いなしです。

おすすめ④スーパーの袋と洗濯ばさみ

これはゴミ箱代わりに使います。ベッドにスーパーの袋を洗濯ばさみでくっつけるとごみ箱の完成です。ゴミ箱を実際に持ってくる人もいますがベッドからは捨てづらくスーパーの袋のほうが手が届くところに装着できるので便利です。また洗濯ばさみはバスタオルを干すときなどにも使えて3個ぐらいあるととても便利です。

おすすめ⑤トランプ

突然ですが入院の際に最も嫌なことは何でしょうか?答えは孤独です。入院は皆さんが思っているよりも寂しいものです。その寂しさを解決してくれるのがトランプです。お見舞いに来てくれた人たちとするのもいいし同じ部屋の人たちとするのも楽しいと思います。とりあえず勇気を出していってみましょう「トランプしませんか?」と。それを言えるか言えないかで入院生活の楽しさが本当に変わります。ちなみに僕は同じ部屋の人に誘ってもらい楽しく入院生活を送ることができました。もし誘ってもらえなかったらと思うと恐ろしい限りです。

おすすめ⑦長めの充電器

病院のベッドはコンセントまでが遠くて、充電しながらベッドでスマホを触れないなんてことが起きてしまいます。そんな問題を解決してくれるのが長めの充電器です。それ以上でもそれ以下でもありません。とりあえずあって損はないので持っていきましょう。

最後に

以上が入院を経験した僕がおすすめするもっていくべきものです。楽しくないであろう入院生活を少しでも充実したものにするためにぜひ参考にしていただけると嬉しいです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

-その他
-

Copyright© invictus blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.