受験 浪人生向け

浪人は人生を豊かにし、成功へと導く~浪人するか悩んでいる人へ~

2020年3月15日

  1. HOME >
  2. 受験 >

浪人は人生を豊かにし、成功へと導く~浪人するか悩んでいる人へ~

2020年3月15日

どうもtikoです。

受験の結果が出そろい、第一志望のは落ちてしまったけど滑り止めの私立、後期入試には合格できた人は今悩んでいる。

そう浪人するか否か。

今回は、1年遠回りして勉強することの意義について少し語ろうかと思います。

let's GO!

1年遅れるリスクは大きい

浪人をするということは、小中高と同じ時間軸で過ごしてきた人達と1年遅れをとるリスクを背負うことです。

そしてこのリスクというのは、かなり大きいと言えます。

1浪で大学に入学できた人と、現役合格した人では明らかに現役合格のほうが印象が良いし、ちやほやされます。

世間の評価もそうだし、大学に入ってからもそうです。

では浪人する意味とは何でしょうか?

浪人とは未来の自分への先行投資

1年の遅れという大きなリスクを背負ってでも、強い意志を持って浪人すれば

間違いなく志望校合格以上のものを手に入れられます!

僕自身、浪人の1年で価値観、考え方は大きく変わり、勉強面だけでなく、人間的に賢くなれました。

ただし、あくまでも投資であるためただ浪人するだけでは、自己成長といった大きな利益は得られません。

浪人を決断するなら、勉強意欲と素直な心を持ち、自分の将来を変えてしまう熱量をもって浪人を過ごすべきです。

自分と向き合う

浪人生はやることといえば勉強しかありません。

1日の大半を勉強に捧げます。

とはいっても勉強しかしないので1日の時間は膨大の感じます。

これは自分を見つめなおす絶好の機会です。

いま自分が本当にやりたいことは何か?

自分は将来何を成し遂げたいのか?

いま志望している大学で、自分のやりたいことは実現できるのか?

といったことを、今までの人生の中で一番考えられる期間です。

周りが行くから何となく、

あいつがこんな事言っていてから、

といった無意識に曖昧かしていたところも周りの環境が変わり、自分と向き合う時間が増えたことで気づけます!

僕自身も自分と向き合った結果、現役と浪人では違う学部を志望しました。

周りと向き合う

自分と向き合うことは、何となく想像できても周りと向き合うとは何ぞや?となるかもしれません。

僕の場合、自分の周りで浪人する人がほとんどいなかったため、周りの環境が大きく変わりました。

そこで今まで無意識のうちに受けていた周りからの影響が変わり、自分のやるべきことが明確になりました。

有名な5人の法則「周りの5人の平均があなた」というのがありますが、浪人時代の周りの5人といえば、自分がすごいと思った予備校講師人でした。

その結果、学びにも貪欲になり、知的好奇心が尽きることなく、大学にはいりやり遂げたいことが明確になりました。

浪人期間はすごい講師に会えることで周りの5人を意識し、周りと向き合う機会になります。

長い目で見れば大きなプラス!

1年の遅れであっても、それは先行投資するには避けられないリスクであって、その投資に成功すればもちろん大きな利益となります

自分と向き合い、自分の本当に成し遂げたいことに向けて全力で進む。

それができれば、現役で合格した人との差を埋めることは簡単にできるし、追い越すことだって簡単です。

自分の人生単位で考えたとき、浪人の経験が今のプラスにつなげることは確実にできます!

僕自身、大学生でブログ運営したり、大学の授業とは別にプログラミング勉強したり、といったのは間違いなく浪人期間中に影響された講師、

や自分と向き合った結果であると断言できます!

最後に

もう一度言いますが、浪人とは、

未来の自分への先行投資

です。

これを意識していないと、せっかく浪人したのに未来の自分に何も残せない無駄な1年になってしまいます。

僕は浪人の1年はおおきな飛躍の年といえるほどの濃い1年を過ごしました。

浪人していなかったら、飲み会ばかり、授業もあまり出ない、ボーっとした大学生になってただろうなと思うくらいです(笑)

いまから浪人をする方は、この1年で人生を変える勢いで頑張ってください!

浪人を決断した人はこちらの記事も参照にしてみてください!

1浪阪大合格の失敗しない浪人~3月の過ごし方~

浪人で失敗しないために~予備校編~[受験リベンジ]

【必見】宅浪完全攻略~宅浪とは~

-受験, 浪人生向け

Copyright© invictus blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.