受験

【英語参考書】英語の構文150を徹底解説

  1. HOME >
  2. 受験 >

【英語参考書】英語の構文150を徹底解説

悩む受験生
「英語の構文150」ってどんな教材?どんな人におすすすめ?効率的な勉強法も知りたい!

このような疑問を本記事で解決します。


本記事の内容

  • 「英語の構文150」の教材の特徴
  • 「英語の構文150」のレベルとおすすめの人
  • 「英語の構文150」の効率的な勉強法

構文把握の学習ができる参考書として有名な「英語の構文150」教材の特徴から具体的な勉強法まで徹底解説していきます。

参考⇒文系学生の塾なし大学受験勉強法~英語編~

 

英語の構文150の特徴について

「英語の構文150」構文を覚え、理解することで和訳能力を向上させることができる参考書となっています。

 

見開きページの左に構文の例文とその解説、右ページに練習問題が掲載されています。

解説が丁寧で関連する表現の例文まで載っているため関連付けて構文を覚えることができます。

 

練習問題は和訳、英訳、読解問題と様々な種類の問題で構成されており、学んだ構文を様々な方法でアウトプットできます。

 

以下、メリット・デメリットをまとめました。

メリット

  • 大学受験で必要な構文を網羅している
  • 解説が丁寧で分かりやすい
  • 類例が多数掲載されているため関連付けて覚えることが可能
  • 練習問題でアウトプットが可能

デメリット

  • 練習問題を解くためにそれなりの単語力が必要
  • 量が多い

英語の構文150のレベルとおすすめの人

英語の構文150のレベルとおすすめの人

英語の構文150のレベル

「英語の構文150」の練習問題はセンター試験や各大学の過去問から問題を持ってきているため、最低でもセンターレベルの単語力が必要となります。

 

しかし、左ページの構文解説ページの単語はとてもやさしいので構文の知識を入れたいという人は左ページだけでもやる価値ありです。

 

この参考書を完璧にすれば、大学受験レベルの英文なら訳すことができる力が身につきます。

英語の構文150はこんな人におすすめ

英語の構文150は以下の人におすすめです。

  • 英文を感覚で解いている人
  • 長文読解や和訳問題でうまく訳せない人
  • 志望校の試験に精読力が必要な人

「英語の構文150」和訳が苦手で何から手を付けたらいいかわからない人から、和訳問題で大体の和訳はできるけど細かいところで点数を落としてしまうという人まで幅広い範囲の受験生におすすめの参考書となっています。

 

何から手を付けていいかわからない人は例文の暗記から、精読力を高めたい人は練習問題で構文を実際に使ってみることで身に着けたい力を身に着けることができます。

英語の構文150を使った具体的な勉強法

具体的な勉強法

ここでは「英語の構文150」を使った実際の勉強法を紹介していきます。

 

左ページで構文を理解&例文の暗記

構文の勉強をしたことがなく、練習問題を解く単語力がまだない人はこの方法がおすすめです。

 

基本的な流れはこちらです。

  1. 左ページで解説を読む
  2. 例文を暗記

シンプルですがこれだけで効果絶大です。

 

構文を覚えるだけでなく例文で覚えることで実際の英文での使い方も身に着けることができます。

 

最終的には日本語を言われたら英文が一瞬で言えるレベルまで到達してほしいです。

解説ページを読んで練習問題に挑戦

単語はそれなりに覚えたけど和訳問題が苦手という人はこの方法がおすすめです。

 

基本的な流れはこちらです。

  1. 左ページで構文理解
  2. 右ページで練習問題
  3. 答え合わせをし、左ページで用法確認

これは一般的な方法ですがとても効果的です。

 

内容を理解したうえで問題演習をすることで知識だけではなく問題を解く力まで身に着けることができます。

 

知識は実際に使ってみることで自分の力として身につきます。

 

ぜひ練習問題で実践経験を積んでいってください。

読解問題を全訳して精読力アップ

構文は大体頭に入っており、その知識を実際に使って和訳力を鍛えたいという人にはこの方法がおすすめです。

 

基本的な流れはこちらです。

  1. 右ページの読解問題を自力で和訳
  2. わからなかった単語を調べながらもう一度和訳
  3. 自分の回答と解説の和訳を見比べて復習

この方法はしっかりとした和訳力を身に着けるには最高の方法です。

 

この参考書の長文は必ず構文を含んだ文章を選んでいるため和訳力を鍛えるにはベストな英文となっています。

 

実際の試験でも構文をしっかりと訳せているかは重要なポイントなのでこの方法でしっかり力を身につけましょう。

英語の構文150を実際に使った感想

実際に使った感想

過去問を解く中で和訳問題につまずくことが増えたときに先生に勧められたことがきっかけで僕はこの参考書を使い始めました。

 

これまで感覚で訳していたものをこの参考書をきっかけに構文を使ってしっかり構造把握することによって正確に訳すことができるようになりました。

 

英語が苦手な人から武器にしたい人まで幅広い層に役立つ参考書となっています。

 

英語に悩んでいる人はぜひこの参考書を使ってみてください。

-受験

Copyright© invictus blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.