受験

【古文単語帳】古文単語315をレベルから具体的な勉強法まで徹底解説

  1. HOME >
  2. 受験 >

【古文単語帳】古文単語315をレベルから具体的な勉強法まで徹底解説

悩む受験生
「古文単語315」ってどんな教材?どんな人におすすすめ?効率的な勉強法も知りたい!

このような疑問を本記事で解決します。


本記事の内容

  • 「古文単語315」の教材の特徴
  • 「古文単語315」のレベルとおすすめの人
  • 「古文単語315」の効率的な勉強法

 

最強の古文単語帳である「古文単語帳315]を教材の特徴から具体的な勉強法まで徹底解説していきます。

 

参考⇒塾なし大学受験勉強法~国語編~

古文単語315の特徴について

「古文単語315」大学受験古文に必要な古文単語がまとめられた単語帳となっています。

 

タイトル通り315語の重要古文単語が掲載されており、それぞれの単語がなぜその意味になるのかの解説と例文が載っています。

 

関連語が豊富で一つの単語に結び付けて多くの単語を覚えることができ、古文で難解かつ重要といわれる敬語だけをまとめているページも分かりやすく解説されています。

 

以下、メリット・デメリットをまとめました。

メリット

  • なぜその意味になるのかが丁寧に解説されている
  • 多くの受験生が苦手とする敬語がしっかりとまとめられている
  • 赤シートで隠して覚えたかどうかを確認することができる

デメリット

  • 語呂合わせで覚えたい人には不向き

古文単語315のレベルとおすすめの人

悩む受験生

古文単語315のレベル

「古文単語315」は基本的な単語から最難関といわれる大学の問題で出てくる単語まで掲載されています。

 

ただの単語の暗記ではなく、なぜこうなるのかを理解して覚える単語帳なので単語と意味を結びつけるような覚え方をしたい人には不向きかもしれません。

古文単語315はこんな人におすすめ

「古文単語315」は以下の人におすすめです

  • 1冊で志望校合格レベルの単語力を身に着けたい人
  • 古文単語の本質を理解しながら暗記したい人

「古文単語315」は古文単語をただの単語の暗記ではなく、本質を理解しながら覚えたいという人に特におすすめの単語帳となっています。

 

この一冊で早慶や旧帝大レベルの単語力を身に着けることができます。

 

これといって特徴があるわけではないシンプルな単語帳ですが質の高さはNo1なのでしっかりと古文単語を暗記したい人にはぜひおすすめです。

古文単語315を使った具体的な勉強法

具体的な勉強法

ここでは「古文単語315」を使った具体的な勉強法を紹介します。

1周目は丁寧に本質を理解

1周目の暗記は丁寧に解説を読んで理解するのがおすすめです。

 

まずはなぜその意味になるのかをしっかりと理解し2週目の暗記の際の引っ掛かりを作ることが大切です。

 

暗記は思い出すという作業がとても大切なので思い出すきっかけとして各単語の本質を理解しましょう。

 

ただし、1周目で完璧にしようとすると非効率なので何周もするつもりでテンポよく進める意識が大切です。

2周目からは数をこなす

1周目で各単語について大体の理解ができたら後は何周も繰り返すのみです

 

2周目からは赤シートを使って思い出しながら覚えきれていないところを暗記しなおすというのを繰り返すのがおすすめです。

 

覚える速さは個人差があると思いますが何度も繰り返せば必ず知識として定着するはずなのであきらめず頑張りましょう。

古文単語315を実際に使った感想

感想

「古文単語315」この1冊で大学受験古文単語をマスターできる代物です。

 

古文単語とその意味を紐づけるための解説がとても丁寧なので本当に覚えやすい単語帳となっています。

 

僕は暗記がとても苦手なのですがこの単語帳を使った暗記は理解しながらの暗記だったので思い出すきっかけがありとても覚えやすかった覚えがあります。

 

本質を理解して古文単語を暗記したい人はぜひ参考にしてみてください。

-受験

Copyright© invictus blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.