受験 大学生活 読書

【朝と夜では時間の進み方が違う!?】ジャネーの法則から学ぶ時間の秘密

  1. HOME >
  2. 受験 >

【朝と夜では時間の進み方が違う!?】ジャネーの法則から学ぶ時間の秘密

悩む人
歳をとるにつれて時間の流れがどんどん早くなっている気がする、、、


皆さん誰しもこんな経験があると思います。


小学生の時なんて、永遠に小学生の時間が続くんじゃないかと思うくらい長く感じたのに、最近はあっという間に時が過ぎていく。



実は、これちゃんとした「ジャネーの法則」って名前があるんです。



このジャネーの法則を紐解きながら、夜より朝の時間が長い理由から朝活するメリットまで考えていきましょう!


それでは順番に見ていきます。

 

ジャネーの法則とは?

まずジャネーの法則とは、以下のような記述があります。

ジャネーの法則(ジャネーのほうそく)は、19世紀フランス哲学者ポール・ジャネが発案し、甥の心理学者ピエール・ジャネの著書[1]において紹介された[注 1]法則。主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象を心理学的に説明した。ジャネの法則とも表記する[2]

簡単に言えば生涯のある時期における時間心理的長さは年齢の逆数比例する(年齢に反比例する)と主張したものである。

例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。

(参照 Wikipedia ジャネーの法則)

つまり、今まで生きてきた時間が長くなるほど、同じ1時間でも相対的な長さが小さくなって体感時間が短くなるんですね。

では、これを1日単位に落とし込んでみましょう


すると、朝と夜の時間の進み具合が変化していきます。

朝の時間のほうが実は時間がゆっくり流れている!?

もちろんですが、1日は24時間であります。


今回は1日のスタートを0時00分とします。


それでは、6時~8時の時間の進み方と20時から22時の時間の進み方をジャネーの法則をもとに比較していきます。


朝6時~8時の間、時間の感じ方としては、1日のうちの6分の1から8分の1です。


夜20時~22時の間、時間の感じ方としては、1日のうちの20分の1から22分の1です。



これを図にするとわかりやすくなります。下の図を見てください。

(物理的に)時間の進む速さは変わりません。

ここでいう少女が右から左に行く速さは一定ということです。


上の2つの帯はジャネーの法則に基づいた体感時間をあらわしていますが、両方とも物理的な時間は2時間です。(帯下の数値は、ジャネーの法則に基づいた割合%)


ここまでくれば一目瞭然。少女が2時間の帯を走り切るのに、夜の2時間のほうが時間がかからず、すぐに走り抜けていきます



これで、朝の2時間のほうが体感時間が長くなるイメージがついたでしょうか?

朝活するメリットの大半は時間

朝活するメリットは、様々にあります。


詳しくは、【目指せ朝活】すっきり起きるための方法5選 にも書いてますので、今回は割愛して、要点だけ書いてきます。


簡単に言うと、朝の時間が長く感じるので朝活動するほうが圧倒的に効率が良くなるんです。


他にも朝活動することで、午後からの活動に余裕が持てる心理的な利点もあります。


朝活動することで、午後からの活動に余裕を持つよい方法として、中島聡さん考案の「ロケットスタート時間術」というものがあります!


詳しくは、【仕事を終わらす時間マネジメント】ロケットスタート時間術を導入した大学生の成果は、、、に書いてますので、参考にしてみてください!

時間の進み方が変化する他の要因

ここまで、ジャネーの法則に基づいて体感時間の変化を紹介してきました。

では別の要因はないのでしょうか。

うすう気づいているかもしれませんが、あります。しかも、体感時間ではなく物理的な時間を変化させる方法が、、、


そうです。アインシュタインの相対性理論です。


今回は、詳しく説明しませんが、ウルトラざっくり言うと、

早いスピードで移動すれば、時間がゆっくり流れる」という感じです。


この相対性理論を使うと、タイムマシンが実現できるかもしれないと思うと心躍りますね。


今回は、深く掘り下げませんので、相対性理論について詳しく知ってみたい人は下記の本がおすすめです。

専門的知識がなくても、読み進めていけるのでおススメです。

朝の時間を有効活用しよう

今回は、ジャネーの法則から、朝活のメリットまで書いていきました。


朝起きるのは大変だし、中々難しいですが、最初の起きるわずかな苦痛を乗り切れば、たいてい素晴らしい1日を過ごせます。

関連記事:【目指せ朝活】すっきり起きるための方法5選

時間の進み方の違いを体感してみてください!

\おすすめ記事/

【より少なく、しかしより良く】現代社会で最重要なエッセンシャル思考とは?解説

ペンギンどうもこんにちは。 いきなりですが、今こんな悩みを抱えていませんか? ・やりたいことはたくさんあるけど、全部こなせない ・いろいろと挑戦してみた結果、どれも思うように成果が出ない ・短時間で大 ...

続きを見る

【日常にある物理を中学生にもわかるよう解説】綱渡りで長い棒を持つのはなんでだろう?

ペンギンどうも皆さん、こんにちは。インビクタスブログです。 僕は現在、機械系のゴリゴリの理系学部に通う大学生なんですが、日々思うことがあるんです。 理系科目、特に物理って一見難しそうで毛嫌いする人が多 ...

続きを見る

-受験, 大学生活, 読書

Copyright© invictus blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.